昨日のロンブー

 昨日の夜9時からテレビ朝日で放映された『ロンドンブーツ』に橋本真也が出演していた。先月22日に収録したもので、西口プロレスでの長州小力との絡み。最後のケサ斬りチョップは小力に決めたものだったのか…。こんな見方はしたくはないが、試合ができない状況で、こうしたテレビの仕事などで収入を得ていたのだと思うと胸が痛くなった。救いだったのは、橋本が本当に楽しそうに番組に参加していたこと。そうでなければ救われない。
 番組の最後には橋本を偲んで過去の小川戦や髙田戦のダイジェストがチラッと流れたが、高田に決めた水面蹴りの速いこと! 改めて凄いレスラーだと認識させられた。
 今、私は週刊ゴングで橋本の追悼企画グラビアを連載で担当している。生前、それほど接点があったわけではないが、改めて検証し、写真を探していると、いろいろな発見がある。人懐こそうな笑顔、輝かしい戦歴…いろいろな発見があるのだ。こうした作業で改めて21年間の功績を読者に伝えることが、供養になると信じたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です