バリ島のエネルギー

IMG_0035.JPG
 昨日の続きです。完璧にリゾート地化されたヌサドゥア地区だけでは満足できなくなったウチら夫婦は3日目の夕方からバリ州都のデンパサールへ。ちょうど今は年に1度(6月~7月)のアート・フェスティバルの時期。毎晩のように伝統芸能などのイベントをやっていると聞いて、いざ出陣。
 ホテルの人に聞いたところ、帰りにタクシーを拾うのは困難ということでタクシーを4時間チャーター。料金はツアー会社手配の3分1の値段だからOKだ。
 さて、ナマのバリの街のエネルギーは凄かった。車間距離もお構いなしに車とバイクがひしめいている。バイクは平気で4人乗りして、ほとんど距離を取っていない車の間をスイスイ。免許が取れるのは16歳からだというが、現地係員さんの息子は小学校5年生なのに「免許を取るための練習」と称して、今から乗り回しているという。なんでも、現地の人が最初に欲しくなるのがバイクで、次がテレビ。クーラーは、暑いのに慣れているからいらないし、洗濯機も手洗いするからいらないという。
 確かに公共交通機関が発達していない島では車、バイクは必需品。車は高いから必然的にバイク利用者が多くなる。人気は日本製で、ホンダと言えばバイクの意味になるとか…。小学校5年生から乗っているから、平気で車の間を縫って運転できるのだろう。
 ただ、彼らの運転は歩行者にも高度なテクニックを要求するから困りもの。とにかく道を渡ることができない。恐らく3日もいたら、確実に轢かれていると思う。
 ようやく辿り着いたアート・フェスティバルの会場アート・センターは、どこから集まったんだろうと思ってしまうほどの人、人、人。ちょうど土曜の夜だったこともあって、大人から子供までゴッタがえしていた。そうした人の群れをかき分けて、屋台でナシ・チャンプルを汗だくになって胃袋に詰めてイベント会場へ。正直な話、群集のエネルギーに圧倒されて、何を観たのか憶えていない。
 物の値段も言い値。行き慣れたマレーシアの物価は分かるが、バリでは基準となる値段がさっぱり分からない。とりあえず値切って、自分で納得できる値段だったら買うしかない。タクシーにしても、メーター・タクシーもあるにはあるが、ほとんどが値段交渉。値段はあってないようなものというのはアジアの鉄則だよね。
 ヌサドゥア地区の静寂とデンパサールの喧騒…このギャップは楽しめたが、アジア旅の達人になるには相当なエネルギーが必要だと、つくづく思い知らされた。次に行く機会があれば、ウブド地区に行ってみたいと思うが…ウチら夫婦には、田舎でのんびりしていて、人も少ないマレーシアのランカウイ島がお似合いかな?
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です